上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
yorozuya_okichi

ジュエルくらっしゅ。で 4920 点獲得しました! http://t.co/JAYkxbsvkr #かんたんプラス
01-25 16:06

スポンサーサイト
2015.01.26 / Top↑
yorozuya_okichi

台東区の防災情報を入手しようと久々にツイッターに接続。思いもよらない方からフォローされていて驚き。これからもあまりつぶやきませんけどよろしくお願いします。
10-06 10:09

2014.10.07 / Top↑
全日本プロレスの世界最強タッグ決定リーグ戦と言えば、
1年を締めくくるシリーズで数々の思い出を残してくれた、
最終戦の日本武道館大会の客出しの曲「クリスマス・イヴ」が流れると、
胸が切なくなるようなそんな大事なシリーズなのだ。

初めて生でプロレスを見たのも全日本の世界最強タッグ決定リーグ戦のシリーズだ。
当時は「世界最強」のタッグチームを決めるなんて、しゅげー(@_@)と
素直に思った。

その世界最強タッグ決定リーグ戦の3大会が中止になるというニュースが入ってきた。
秋山潤社長がコメントを発表している。

ちょっと心配な内容だけれど無事に乗り越えてもらいたいものだ。
なんとか都合をつけて10/22の後楽園ホールに行きたいけれど、
とりあえず試合開始には間に合わないからなー

2014.10.05 / Top↑
2014dream2.jpg


日産センチュリー証券PRESENTS
『FortuneDream 2』


■日程:12月10日(水)17:45開場 18:30開始
■会場:後楽園ホール


開催されるそうです。
正直、6月の興行は目を覆いたくなるような不入りで、
スポンサー、放映権、券売収入など勘案してちゃんと儲かっているのか非常に心配しましたが

2回目をやるとなったら応援したいと思います。

対戦カードを観てみると、
田中稔とか、望月・金丸組とか、杉浦・関本・越中組とか見てみたいカードもたくさんありますね。
とにかく、こばさんの老後が少しでも豊かになるように応援する限りです。

■対戦カード
1.シングルマッチ(1/15)
田中稔(WRESTLE-1)
vs
間下隼人(リアルジャパンプロレス)

2.シングルマッチ(1/20)
里村明衣子(センダイガールズプロレスリング)
vs
宝城カイリ(スターダム)

3.タッグマッチ(1/20)
望月成晃(DRAGON GATE)
金丸義信(全日本プロレス)
vs
金本浩二(フリー)
橋本和樹(大日本プロレス)

4.タッグマッチ(1/30)
石川修司(ユニオン)
タンク永井(KAIENTAI DOJO)
vs
シェイン・ヘイスト(NOAH)
クワイエット・ストーム(フリー)

5.トークバトル(1/30)
天龍源一郎(天龍プロジェクト)
vs
小橋建太(FortuneKK)

6.6人タッグマッチ(1/30)
杉浦貴(NOAH)
関本大介(大日本プロレス)
越中詩郎(フリー)
vs
佐藤耕平(ZERO1)
中嶋勝彦(DIAMOND RING)
佐野巧真 (フリー)

7.タッグマッチ(1/30)
ジョー・ドーリング(全日本プロレス)
鷹木信悟(DRAGON GATE)
vs
火野裕士(KAIENTAI DOJO)
宮原健斗(全日本プロレス)

2014.09.20 / Top↑
8月21日(木)に新派の納涼公演に行ってきました。

mitsukoshi_201408f.jpg

何年か前に赤坂歌舞伎で勘三郎が伊之助を演じた際に、
重善が月乃助(当時段治郎)を演じたのは観ていて
歌舞伎チャンネルでも、おきわ福助、重善新之助(現海老蔵)版を見ていたりして、
好きな演目のひとつです。

他の演者が変わっても伊之助が勘三郎というのはお決まりっぽくて、
上方から流れてきた元女形の歌舞伎役者、
おきわという女房に惚れるあまり役者を辞めて浅草で手ぬぐい屋をやっていて
女房には家のことは何もさせず家事から商売まで全部こなす
世話旦那ぶりという設定がぴったりはまっていた。

そんな、上方言葉もほんのりと所作ふるまい
こまこましたセリフ回しやわらかく、立て板に水の如し

月乃助にとっては全く未経験の役に挑むかと思うといてもたってもいられず・・・。

「上方から流れてきた元女形の歌舞伎役者」この設定だけでも、
歌舞伎界最長の背の高さを誇る月乃助には大難関、

大阪のべちゃべーちゃしたおばちゃんおじさんの役
なんだもん、


でも、この役を演じるということは今後の月乃助にはすごーく重大なこと、

正直固さは抜け切れていなかったけれど、春猿との夫婦役はほほえましく
カッコいいシーンなどひとつもない中、笑える見せ場もありーので楽しめました。

もうちょっとぶっちぎって、2枚目イメージをぶち壊してほしかったとは思いますが
月乃助の新境地だったかなと
思うことにします!

逆にね~18代目勘三郎というのは言うまでもなくすごかったなと改めて思い知らされましたわ。
2014.09.15 / Top↑

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。